熱中症について

熱中症多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが

崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

 

熱中症の症状

○めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い

○頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

重症になると

○返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

 

予防のために

★こまめな水分補給

室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分

糖分、経口補水液などを補給する(*水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)

暑さを避ける

★外出時には

日傘や帽子の着用 日陰の利用 天気の良い日は日中の外出をできるだけ避ける

★室内では

扇風機やエアコンで温度を調節 遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用

厚生労働省HPより

 

nettyuusyou

2022年4月12日1:00 PM